ライブチャットをマッチングサイトと間違えている男性客

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

パソコンのメールアドレスとかではなく、ラインのIDを教えてくれとか、携帯のアドレスを教えてほしいとかです。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

マッチングサイトと勘違いしている男

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

なので、チャットサイトのメールアドレスにライン交換してくださいとかメールを送ってきたりする男性もいますし、チャットが始まってすぐにライン交換してくださいとかいってくる男性も一定数います。

ですが、これには裏があって、男性客が勝手に勘違いしてチャットサイトを出会いの場だと思っているわけではなく、紹介サイトが悪かったりもします。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

そういった広告を見た男性は、このサイトを使えば女性と出会えるんだと勘違いしてしまいます。

こういった魑魅魍魎のサイトが存在しているからこそ、男性客はチャットレディにチャットやメールで出会えませんかなどと聞いてしまったりするのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

チャットレディと出会えると思っている男性のパターン

実際に私が連絡先を聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディ初心者の人も、すでにチャトレとして活躍していて、男性ユーザーから連絡先を聞かれた経験を持っている人もぜひお読みいただければと思います。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

チャットがはじまるなりものの数分以内に、彼女になってくれませんか?といきなり聞いてくる男性ユーザーは多くいます。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

初対面でチャットをはじめたばかりなのに、いきなりこういう不躾な質問をしてくる男性は、適当にいなしてチャットしていればいいと思います。

ラインID教えてください!という男性客

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

チャットレディにいきなり、ライン交換してください!といって、勝手に自分のラインIDを添付したメールを送ってくる男性もいます。

チャットレディにラインや直アドなどの連絡先を聞いてくる男性というのは、男性側からしたらチャットやメールにもポイントを消費しないといけないので、メールで1通目に聞いてくる傾向があります。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

チャットレディに、ライブチャットのメール送信機能をつかって、ポイントをわざわざつかって、お誘いのメールをしてくる男性はたくさんいます。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

女性はあそこが好きだと思っている男性

自分の股間の大きさを誇りに思っている男性は多く、それさえ見せつければ女性が惚れてくれると思っている人も世の中にはいるのです。

いきなり勃起したペニス画像を添付して送りつけて、このマラであなたをいかせます!なんて文言を添えてきたりしますが、正直男性の股間なんて一切興味ないですよね…。

巨大なチンコが女性を虜にすると本気で信じている男性がいるのも面白い話ですよね。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会うことが前提の人

チャットレディをしていて、いきなり股間画像を送りつけてくる男性がいたかと思えば、リピートしてくれる男性でも、もうすでに会えることが決まっているかのようなチャットをしてくる男性もいます。

こういった男性にも果敢に挑戦して、うまくチャット時間やメールの回数を稼いでいくのが、チャットレディとしてしぶとく生き残っていく方法だと思います。

こういった男性をうまいこところがしていければ、上手に稼いでいくことができるかもしれませんが、男性を転がすことが苦手な人もいるでしょうから、すぐに断ってもいいと思います。

下心モロだしの男性客

ポイントがないにもかかわらず、メールを頻繁に送ってきて、エッチな自撮りをした動画をアップしてくれという男性もいます。

こういう男性を相手にして、動画を送ったとしても、そもそもチャットがしたくなくて、ポイントを節約したくて、そういう動画を投稿してくれといってくるのですから、チャットにログインしてくるわけもなく、こちらが損するだけなのでやめておきましょう。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

セックスしたいですとかいってくる男性

ポイントを使いたくない男性というのは、タイプのチャットレディにメールをいきなり送ったりします。

チャットレディのサイトを出会い系だと勘違いしている男性も多くいるので、出会い系サイトを使えばいいのにという論理は通じませんw。

日本には有名な出会い系サイトやマッチングアプリがいくらでもあるのに、チャットレディと出会おうとしているのは、勘違いしているからに他ならないのです。

チャットレディがやると危険な行為とは?

以下には、男性客に対して、チャットレディがやってはいけないことや言ってはいけないことなどをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

軽い気持ちでやっているチャットレディもいると思いますが、危険な行為なので、なるべく避けましょう。

リアル世界であってしまうこと

チャットレディがライブチャットというバーチャルな世界ではなく、物理的な世界で実際にあってしまったことがあるなどという話を見聞きしますが、なるべくやめておいた方がいいと思います。

実際の世界で男性ユーザーとあってしまったら、ネット世界で実際に会わなくてもいい危険なことをしなくてもいい副業だったのにもかかわらず、その最大のメリットが生かせませんよね。

チャットレディとしてお話をしているとどうしても仲良くなってしまいますが、それはお仕事として会話をしているのであって、友達や彼氏ではないので、線引きをきっちり引いておいたほうがいいでしょう。

連絡先を教えてはいけない

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

会うことを引き延ばさない

アドレス交換などはもちろんしてはいけませんが、こうやって男性客をまどわして、あたかもそのうち私と出会えるかのような、思わせぶりな態度はやめておいた方がおすすめです。

こういった思わせぶりなテクニックを使って、伸ばしに伸ばして、チャットをたくさんしてもらってチャットレディ報酬をアップしようというテクニックを使っている女性もいますが、男性の心理をついたずる賢いテクニックなので、心理的に抵抗がある人も多いと思います。

ここ最近の引き延ばしテクニックでよく使われているのがコロナや緊急事態宣言をいいわけにした引き延ばしです。

ですが、最初から会う気もないのに、こういったテクニックを使うというのは、男性心理をもてあそんでいるに他ならないので、人間としてどうかと思います。

男性だって一人の人間なので、会う会う詐欺をやられたときの気持ちを考えて、会えないとはっきりいって、単純にチャットの会話のみを楽しむようにしましょう。

メルアドやラインを聞いてくる客の対策とは

ライブチャットをやっていて、ラインのIDなどを聞いてこようとする男性客はどうやって断ったらいいのか解説していきたいと思います。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

スタッフになにかいわれるという回避方法

しつこく連絡先を聞いてくる男性客には、チャットレディサイトのスタッフに注意されるから教えられないといっておきましょう。

男性客も、チャットレディにお誘いのメールを送るのにもポイントを消費しているので、最初に断りのメールがきたら、ポイントをケチってそれ以上はアタックしてきません。

規約違反だから教えられないと言う

チャトレをしている女性と、男性会員の直接的な連絡先の交換などはすべてのサイトで禁止されているので、これを使えば断るときのいい理由になります。

チャットサイトや代理店などの第三者のせいにする

ここまでに紹介した連絡先を聞いてくる男性への断り方というのは、チャットサイトなどのせいにできているということが最大のミソです。

チャトレをやっている女性が自分で断っていると言うことがばれなければ、男性客からも非難されることなく穏便に断ることができて、メリットが多いです。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、ライブチャット外で男性客といくらメールや電話をして交流を持ったとしても、一線ももらえることはないので、時間がもったいないと思います。

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また他にも、ひとりのそういう節操のない女性が簡単に男性ユーザーとリアルにあったりしてしまうと、まじめに働いている他のチャットレディの人にも迷惑がかかります。

なぜほかのチャットレディに迷惑が及ぶのかと言えば、一人が連絡先などを交換したり、実際にあったりしてしまうと、それが普通だと思ってしまうお客さんが増えてしまうからです。

チャットレディとしての仕事がやりづらくなるだけではなく、結果的に稼ぎにくくもなってきます。チャットレディはルールを守ることが全体にとっても大切なのです!

チャットレディをやる女性は、楽に安全に稼げる環境が整っているわけですから、この好環境を利用して思う存分稼いでいきましょう♪

連絡先を教えてと何度も聞いてくるときはブロック

直接やりとりの手段を教えるというのはラインであれ、スマホのキャリアアドレスであれ、教えることは出来ないといっているのにも関わらず何度もしつこくきいてくる男性客というのはブロック機能を使ってブロックしてしまいましょう!

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

チャットサイト外でやりとりをしてもチャットレディにお金が振り込まれるわけではないので、よっぽどその男性が魅力的がしゃべっていて楽しい相手じゃないと成立しないと思います。

チャトレ側の女性が男性客に連絡先を教えるというのは、プライバシー的にもよろしくありませんし、お金の面に関してもよろしくありませんね。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

チャットレディに出会いを求めてライブチャットに登録して、いろいろなチャットレディに連絡先を聞いている男性客を相手にしている理由なんてそもそもないんです!自分のことを気に入ってくれて、何時間でもチャットしてくれるようなお客さんとの時間を大切にすべきなのです!

↑ PAGE TOP